高校中退者に必要な就職サポート情報

*

上がり症を克服するのに効果的な3つの方法

      2016/01/14

「無」になる訓練を

 上がり症のタイプにも幾つかあるのかもしれませんが、全ての人に共通しているのは、ズバリ、「考え過ぎ」です。そもそも考えなければ、緊張なんてしないんです。あなたが緊張する時も、「失敗したらどうしよう」、「間違えたらどうしよう」などと、過剰に考え過ぎているのでは?

 上がり症を克服するために、「無」になる訓練に取り組んでみましょう。瞑想が効果的と言われますが、そこまで本格的ではなくても、普段から「考えないこと」を実践してみることで、無の状態に近づけると思います。つい考えてしまいそうな時は、どこか一点を見つめたり、空気を見るような感覚で視線を落ち着かせることでも、考え過ぎの状態から脱することができるでしょう。

吐く息をより意識する

 あなたは、今現在も呼吸をしています。生きていれば当たり前ですが、この呼吸が浅くなっていませんか?緊張する場面に出くわしたら、息をしっかりと吐いてみましょう。深呼吸をする時に、多くの人は息を吸うことに意識を持っていきがちですが、実は息を吐くことが最も重要。

 息を吐くことで副交感神経が優位となり、リラックスできるのです。より長く、全てを吐き切るようなイメージで呼吸をしましょう。吸う時は吐く時の半分くらいの時間でOK。それが緊張を和らげるコツです。

過去を振り返らない

 上がり症の人に共通しているものが、まだあります。それは、過去を振り返ってしまう癖です。これまでの失敗や恥ずかし思いが、頭の中をよぎるのではないでしょうか。しかし、それをいつまでも考えていては、上がり症は克服できないでしょう。過去は過去。失敗から学ぶことも多々ありますが、緊張する場面で過去のことを考えても全く意味はありません。

 少なくとも何かの本場前は過去を振り返らず、無になり、息を吐くことを意識しながら深くゆっくりと呼吸をすること。これが完璧にできるようになれば、もう上がり症なんて気にすることもなくなっているでしょう。

【関連記事】
就職するための活動計画
あなたの就職の目的はどこに?
なかなか厳しい高校中退者の就職率
就職前に体調管理を完璧にしておこう!
高校中退の学歴が就職活動期間を長くする?そんなことはないでしょう

 - 就職の進め方

  関連記事

なかなか厳しい高校中退者の就職率

高校中退者の就職の現状  中学を卒業し、高校に進学する人の割合は9割を超えていま …

高校中退の学歴が就職活動期間を長くする?そんなことはないでしょう

早い人は早い、就職活動の期間  どのような会社に就職するかを全く考えないのであれ …

就職前に体調管理を完璧にしておこう!

体調管理が社会人の常識と言われる理由  体調管理がもしできていないまま就職したら …

就職するための活動計画

あなたが就職するために必要な作業は?  何をするにも、それが未知のことであり、あ …

あなたの就職の目的はどこに?

就職の目的がないと…?  計画と同じように、何かを始める時には必ずといっていいほ …